お酒の失敗談

私のお酒の失敗談について

お酒,失敗談

 

短大卒業後、就職してすぐに会社の新人歓迎会がありました。私は学生時代にそんなにたくさんお酒を飲む機会もなく過ごしていたので、自分がお酒に強いかどうかもわからないまま、歓迎会に参加しました。

 

上司が代わる代わるお酌をしにきてくれて、その度に私はグイーッと全部飲んでいました。後で知ったのですが、そういうお酒って一口飲めばいいそうです。でも新人の私はそんなことも知らず、注がれるままに飲みまくってしまいました。

 

私は酔ってもあまり顔が赤くなるタイプではないらしく、皆さんに「こいつ、酒強いな。」と思われたみたいで、どんどんお酒を勧められました。でも本当はそんなに強くもなかったらしく、だんだん世界がぐるぐると回り始めて、すごく陽気になっていってしまいました。

 

次の日起きたら、写真に撮ったような途切れ途切れの記憶しかなく、上司に何か失礼なことをしたのではないかとヒヤヒヤしましたが、あとで同僚に確認したら、それは大丈夫でした。でも、初めての大量のお酒に体がついていかなかったようで、翌日は二日酔いと発熱で寝込みました。

 

お酒はほどほどにしておかないと恐ろしいものだなと思いました。それからは気をつけてほどほどに飲むようにしています。

お酒の飲み過ぎで失敗したこと

お酒,失敗談

 

元々お酒に強くて、飲むのも好きで酔ってみんなでワイワイするのが好きだったので、この日ももちろん飲んで騒いでいました。友達とバーに行き、いつも通りビールや酎ハイや梅酒を飲んでいました。店員からテキーラ飲んでみる?と言われて、初めてのテキーラにワクワクしていました。

 

一気に飲み干して、特に酔うこともなく大丈夫だと思いもう一個飲んでしまいました。これのせいで、あとからトイレにかけこみしばらくは出てこれませんでした。気持ち悪くて、大変でした。またそのまま彼氏んちに泊まろうと思い駅まで行ったのは覚えていますが、そのまま駅で座り込んで眠っていたそうで、スカートをはいていたのでもしかしたら他の人に下着をみられていたかもしれません。

 

というか、気づいたら足ひらいて座り込んでいたので誰か通ってたら丸見えでした。飲み過ぎはいけないなと反省をしています。飲みすぎると記憶もなくなってしまうので、気をつけなければいけないと思っています。

ヘパリーゼZのご購入はコチラ!トップページへ毎日健康的でいたい方、いつまでも若々しく過ごしたい方はトップページでヘパリーゼZサプリメントの詳細を確認してみてください。