お酒で調子に乗ってしまったときのお話。

お酒で調子に乗ってしまったときのお話。

お酒

 

これはわたしが20歳になり、お酒が飲めるようになったときのお話です。いま思えばきっと誰もがそうだとは思うのですが、お酒が飲めるようになることは「大人」になれたような気がして、ついつい調子に乗ってしまったのです。

 

当時いつもよく遊ぶメンバーの中でわたしが一番最後に「20歳」の誕生日を迎えました。それを記念して、ともだちの家で宅飲みすることとなり、みんなで近くの大型スーパーに買い物に行きました。ビール・酎ハイ・焼酎・ワインなど様々なお酒と、おつまみやお菓子などを購入し、それだけでものすごくワクワクしていました。

 

夜になり、「かんぱーい!」の掛け声と一斉にぐびぐびお酒を飲み始めました。おいしいとかおいしくないとかそんなことは関係なしに、わたしはどんどんグラスをあけていきます。たくさんんあるおつまみの中からなにかつまめばいいものを、わたしひたすらはお酒ばかり飲んでいました。

 

もうお分かりだとは思うのですが、案の定気持ち悪くなり吐き気が襲ってきました。初めはまだ耐えられる吐き気だったのですが、だんだんと我慢できなくなり、トイレに駆け込みました。なかなかトイレから出てこないわたしをともだちは心配しています。

 

わたしは完全に調子に乗っていたのです。こうしてともだちの家のトイレを数時間占領してしまい迷惑をかけてしまった…これが初めてのお酒の失敗談となりました。

ヘパリーゼZのご購入はコチラ!トップページへ毎日健康的でいたい方、いつまでも若々しく過ごしたい方はトップページでヘパリーゼZサプリメントの詳細を確認してみてください。