悪酔いの原因と対策とは

悪酔いの原因

悪酔い,原因,対策

 

悪酔いはお酒に弱い人がなりやすいと言われています。体内に摂取されたアルコールを分解する速さよりも早くアルコールを飲んでしまうことが原因です。

 

体内に入ったアルコールは、「アルコール⇒アセトアルデヒド⇒酢酸」の順に変化していきます。お酒に弱い人はこのアセトアルデヒドを分解する力が弱いので、血液中にアセトアルデヒドが一定時間残ってしまいます。そこにさらにアルコールを摂取すると、血液中にアセトアルデヒドとアルコールが存在する状態になり、アセトアルデヒドの比率が高くなった時に吐き気や頭痛に見舞われます。催してくる吐き気や頭痛は、まだ分解しきれていないという体からのサインです。

 

悪酔いは、分解のペースを上回る勢いでアルコールを飲んでいるときになることが多いので、お酒は弱いが中途半端に飲める人が、飲むペースを上げたときになりやすいのです。

悪酔いを予防するには

悪酔い,原因,対策

 

「アルコール⇒アセトアルデヒド⇒酢酸」の分解の中で、アセトアルデヒドが少なくなってきたときに、アルコールを摂取するというペースなら悪酔いしづらいことが言えます。なので、アルコールを分解する自分のペースでゆっくり飲むことで悪酔いを防ぐことができます。他人のペースで飲んで具合が悪くなるより、自分のペースでゆっくり飲む方が飲み会は楽しいですよね。

 

また、空腹時の飲酒はアルコールの吸収が早くなるので、酔うスピードも早くなります。なので、食事を食べながら飲むことで空腹を抑えられますし、食べている間はアルコールが入ってこないので、ゆっくり飲んでいることにもなります。

 

くれぐれもお酒の一気飲みはNGなので、気をつけましょう。

 

お酒を飲むときは、

 

  • ゆっくり適量を飲む
  • 空腹で飲まない
  • 食べながら飲む

 

を心がけましょう!

 

また、普段から良質のタンパク質やビタミンを含む食事をすることで、肝機能を高めることも大切です。ビタミンを多く含む食品は次の通りです。

 

ビタミンA:レバー、うなぎ、ほうれん草
ビタミンB1:豚肉、玄米、胚芽米、大豆、ゴマ
ビタミンB12:カキ、レバー、卵
ビタミンC:ブロッコリー、レモン、キウイ、枝豆

 

それから、悪酔いや二日酔いには睡眠不足も良くないので、飲み会前日にはしっかりと睡眠を取っておきましょう。

 

もちろん、飲む前にヘパリーゼZを飲んでおくことも忘れずに^^

悪酔いを予防する食べ物

悪酔い,原因,対策

 

ここで、悪酔いを予防する食べ物についても抑えておきましょう。

 

お酒を飲む前

 

ウコン

ウコンに含まれるクルクミンが肝機能を向上させアルコールの分解を促します。ヘパリーゼZにも配合されている成分です。

 

タンパク質(肉、卵、豆、魚介類、乳製品)

アセトアルデヒドの分解をサポートする働きがあります。

 

牛乳・チーズ

含まれる脂肪分が胃の中に膜をハリ、アルコールの吸収を遅らせてくれます。

 

梅干・柑橘類の果物

含まれるクエン酸が肝機能を高めてくれます。

 

お酢(大さじ1杯程度)

含まれる酢酸が肝機能を高めてくれます。

 

果物(ジュースも可)
緑黄色野菜
ナッツ類

 

また、肝臓の働きを助けるアミノ酸系のサプリや胃腸薬も効果が期待できます。もちろん、ヘパリーゼZも効果的です。

 

仕事後の飲み会で、なかなか直前にこれらの食品を食べておく時間がない場合は、昼食に腹持ちの良い高たんぱくの肉や魚を中心に豆腐などの豆類も食べておくのもおすすめです。

 

ちなみにヘパリーゼZなら、錠剤だから時間も取らせずにさっとすぐ飲めるし、持ち運びも楽なので、とても便利ですよ^^

 

 

飲んでいる間

 

アルコールには利尿効果があり、排尿により脱水症状に近づくため、水分補給が必要になります。

 

ラムネ

ラムネに含まれるブドウ糖に効果があるようです。1杯飲むごとに1粒食べると悪酔いしづらくなると聞いたことがあります。

 

 

先にも述べましたが、何かを食べながら飲むことでアルコールの吸収を遅らせ、肝臓への負担が少なくなります。また、アルコールの吸収を遅らせることで、血中アルコール濃度の上昇も抑えられるので、ほろ酔いの気持ちよい状態が長続きするようになります。

 

チャンポンは口当たりが変わるので、飲むお酒の量が増えやすくなります。敢えて1種類のお酒だけを飲み続けるのも悪酔い対策の一つですね。

 

 

悪酔い・二日酔いになりにくいおつまみ

  • 枝豆
  • 豆腐(揚げ出し豆腐、冷奴)
  • 鶏肉(鶏のから揚げ、焼き鳥)
  • チーズ(グラタン、ピザ)
  • 大根(大根サラダ、しらすおろし)
  • 含まれるでんぷん分解酵素(アミラーゼ)が酔い解消に効果的。

  • アサリ(アサリの酒蒸し、アサリバター)
  • 含まれるタウリンが胆汁の排泄を促進し、肝機能を向上させる。

  • ゴマ
  • 緑黄色野菜
  • 魚介類(魚、たこ、いか)
  • そば

悪酔いしてしまった時の対処法

悪酔い,原因,対策

 

もし、悪酔いをしてしまったら、グレープフルーツ、りんご 柿の果糖などの果物類を摂るのが効果的です。果汁100%ジュースや普通のフルーツジュースでもOKです。また、卵(システイン)やゴマ(セサミン)も効果的で、アセトアルデヒドの分解を促す効果があります。

 

大豆に含まれる成分「コリン」が肝臓に入ったアルコールが体内に溜まるのを防いでくれるので、味噌汁を飲むのも効果的です。

 

そして、一番即効性があるのは体内のアルコールを外に出すために吐いてしまうことです。嘔吐しているときは自然と涙が出てきて辛いですが、アルコールを吐き出してしまえば楽になるのも早いです。あとはソフトドリンクや水、お茶などの水分を多く摂って、利尿を促すと良いでしょう。

 

それから、お酒を飲みすぎると悪酔いを通り越して危険な状態になることもあります。次のような症状が出たら要注意です。

 

  • 視野が狭い
  • 手足の感覚が鈍い
  • 動作が鈍い
  • むしょうに眠い

悪酔いと二日酔いの違い

悪酔い,原因,対策

 

悪酔い

飲酒後2〜6時間以内に起こり、血中アルコール濃度が高くなると催す不快な症状で、お酒の弱い人に多い症状です。

 

二日酔い

翌朝、血中アルコール濃度が低くなっていても現れる症状で、お酒を大量に飲む人に多い症状です。個人差はありますが、一定量以上のアルコールを飲むと体内でうまく処理しきれなくなって有害物質が体に残り、それを翌朝まで持ち越すと二日酔いになります。もし二日酔いになってしまったら、ぬるま湯に浸かって汗をかいて新陳代謝を活発にすることも大切です。

 

また、参考までに二日酔い時のやってはいけないNG行為も覚えておきましょう。

 

迎え酒

一時的に酔っ払うことで二日酔いの症状が麻痺してすっきりしますが、肝臓にさらにダメージを与える可能性があります。酔いが覚めたらまた二日酔いになってしまいます。

 

頭痛に鎮痛剤

頭痛と同時に吐き気、胃の膨満感、食欲不振などがある場合は、胃壁がアルコールで荒れている証拠です。そんなときに鎮痛剤を飲むと頭痛は和らぎますが、さらに胃が荒れてしまう恐れがあります。

 

二日酔いで病院に行く行為

症状が酷い場合は点滴を打ってくれたり、胃薬や鎮痛剤などを処方してくれることもあるそうですが、病気ではないので診てもらえないこともあります。ただし、吐血した場合は胃や食道からの出血が考えられるので、すぐに病院に行って下さい。

 

車の運転

日本酒3合やビールの大ビン3本でも、体内アルコールが分解・処理されて平常に戻るまでには8時間程度かかると言われています。たとえ飲酒した日の翌日でも、お酒が残っていると飲酒運転になります。

ヘパリーゼZのご購入はコチラ!トップページへ毎日健康的でいたい方、いつまでも若々しく過ごしたい方はトップページでヘパリーゼZサプリメントの詳細を確認してみてください。