泥酔対策

もし泥酔してしまったら

泥酔,対策

 

泥酔とは、「立てない、意識が朦朧としている、言っていることが意味不明、激しい嘔吐」などの状態を言います。飲み始めて1時間程度で泥酔状態になってしまうと、「急性アルコール中毒」の可能性もあります。その場合、命に関わるのですぐに救急車を呼ぶ必要があります。

 

<救急車を呼ぶべき状態>

  • いびきをかいて寝ていて、つねっても反応しない
  • 意識がなく、ゆすっても反応しない
  • 呼吸が浅くて早かったり、時々しか息をしない
  • 大量の血を吐いた
  • 顔色が悪く身体が冷たい
  • 口から泡を吹いている

 

急性アルコール中毒の応急処置

 

気道を確保する

身体を横向きに寝かせて頭を後ろに反らせ、気道を確保します。その際、もし口の中に吐しゃ物がある場合には、吐しゃ物をのどに詰まらせて窒息死することがあるのですぐに掻き出してください。意識がない状態で吐かせると、危険な状態になることがあるので注意が必要です。

 

身体を温める

体温が外に奪われやすくなっているので、身体が冷えないように毛布などをかけて温める必要があります。

 

衣服を緩める

 

一人にしない

酔いが覚めるまでは何をするかわからないので、意識のしっかりした人が付き添うようにしましょう。

 

 

泥酔して他の人にも迷惑をかけないように、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう!

ヘパリーゼZのご購入はコチラ!トップページへ毎日健康的でいたい方、いつまでも若々しく過ごしたい方はトップページでヘパリーゼZサプリメントの詳細を確認してみてください。